あまい生き方

会社を 立ち上げるのは それほど難しいことではありません。

ですが 会社を維持するのは 簡単ではありません。

社員に給料出せないとか 支払いが回らないとか

そりゃ 時代の変化や 経済の変動に振り回されたりで

窮地になることもあるでしょうが その変化や

世の動きを読み取ることが どんなに小さな会社でも

とても大切です。それには たくさんの人から

いつも いろんな話を 聞かなくてはいけません。

そして 自分の身に染み込ませなければなりません。

良いも悪いも全てです。

一生懸命したのに どうしてこんなことになったのだろうと言う時は

一生懸命のベクトルが ピントずれた方向向いてたって事です。

そうなると 一生懸命なんて 余計 困り物です。

一生懸命やるなら ジャストミートしていないと意味がありません。

最近 25歳の社長が 2度目の失敗を しました。

1度目で 何が間違っていたのかを考えなかったのか、

考えても 考えが浅かったのか、人の話は 聞いていても

聞き流していたとしか思えません。

失敗は悪くない。 でも 失敗を生かさなくてはいけません。

同じ事を繰り返すだけなら 失敗は失敗でしかありません。

久々に あまい生き方の男を 見ました。

年齢など関係ありません。 自分の何が間違っていたのか

何年もかけて 考え抜いて欲しいものです。

世の中や 従業員や 世界の不景気を言い訳にしているかぎり

また 同じ事を繰り返すでしょう。