レッドくたびれるの巻

昨日は、父の寝室の掃除。

寝室と呼ぶより、ゴミの山の中の布団のある部屋。

クリーニングのビニールと、

プラのハンガーが、100個とか200個とか

のレベルで山積みになっていて

埃と、蜘蛛の巣と、煙草のヤニとに

すべてがまみれている。

不思議と この部屋には ゴキブリがいない。

畳が見えてくるまで 2時間が経過した。

湿気と、埃で、ささくれた畳と

汚れに汚れた、布団と枕は

まるで浮浪者の寝床のようで。

人が少しづつの変化を なかなか気づかないで

過ごしてしまったら、こんなことになるのだと

その現実を 目撃した。

近いうちに、布団は、入れ替えねば。

掃除にも疲れたが、家にいながら

浮浪者的生活をしていた父の

現実に、ど~~っと 疲れて帰ったのであった。