正義感への贖罪

昔、まだ子供が保育園に通ってるころ

私は 正義感が強かった。

原発にも明確に反対の意思を持ち

署名運動に力を入れた。

飢餓の子供たちをテレビで見ては

結構に暮らしていることに

本気で罪悪感を持った。

マザーテレサの活動を見ては

責められたような気になった。

かたや、私の周りは両親も夫も

親戚縁者も全く他人事だった。

ほとんどの人が、豊かになることが目標だった。

私はかといって、毎日の繰り返しに終始して

結局、署名を集めて、もらい泣きして、

心痛めて、立派な人に感銘を受けて、

そして何もせずにこの歳まで来た。

水道水を大切に使い、電気を節約し、車をやめて

つましい暮らしに徹する事で

無力な自分に言い訳をしているのだ。