上を向いて歩こう

お盆の静かな街を自転車で走って、

台風で曇った空を見て、風が生ぬるいので

「ぬく~!」と思わずニヤニヤしていた。

ニヤニヤしながら自転車で走っている自分を

「へんやな」と またニヤニヤする。

ばあさんになって

子供の時と同じことを感じたり

子供の時と同じことを考えたりしてしまう。

大人は、それほど大人になんてならないのだ。

そういえば、40代は、

なぜあんなにカリカリとして、

疲れていて、孤独で、子供のころの感覚を

無くしていたんだろう。

空を見たり、月を見たり、星を見たり

木に咲く花や、鳥をみたり

上を見ることがなかった。

10代に大人になんてなりたくないと思っていたのに

40代は、なりたくない大人になって

自分を忘れてしまってたんだろうな。

60過ぎて、私は子供の時からの自分であります。

よく上を見ながら歩いています。

70代になったら、上を向いていて

コケるかもしれないな。今のうちです。