夏の思い出

夏休みになって この暑いのに

子供たちをつれて 夏休みらしい思い出を

作らなければいけないと、お母さんやお父さんは

予算と予定と体力との 狭間で頭を痛めます。

私の幼少期は 昭和30年代 

夏休みの思い出なんぞ わざわざ作るものでもなく

日常の中で、花火をしただの蝉取りをしただの

かき氷を食べただのスイカを食べただの

宿題しましただの 図画をしただの 

白黒テレビで怖い幽霊の映画を見ただの

学校で夜に漫画映画鑑賞会で「安寿と厨子王

アラビアンナイト」などを見ただのでした。

その映画は 小学生の間に 何回も見た気がします。

今の子は、やれ、ハワイ行ったの、グアム行ったの、

カナダだの、スイスだの空港のインタビューで

さらりと答えています。

思い出もお金で買うがごときに見えるのは

私のひねくれ根性でしょうか