つらい日

おととい 訃報が入り 今日は告別式でした。

混声合唱の大先輩が 一月余りの闘病で、

私たちにとっては急な知らせでした。

ご遺族の申し出をいただいて

団員で唄いながら送らせていただくことになりました。

前々から 自分にその時が来たら 皆に唄ってもらえたらいいな

と 思ったりしていたので 緊張して参列しました。

けれど 唄い始めると堰を切ったように 涙があふれてきて

まったく ちゃんと唄えませんでした。

自分の時もと思っていましたが

唄うことでこんなに悲しみが増幅して

苦しいものだということが わかって今は 迷っています。

けれど きっと 皆で 泣きながら唄った声は 確かに届き

喜んでもらえたろうと 確信します。   合掌