申し送り

この震災で 気丈な父が 初めて私に

通帳や年金手帳やらの書類は ここにある

とか 物を捨てていくようにしてるとか言い出しました。

人にいつ何時何があるか わからないという実感を

持ったのだろうと思います。85歳です。

今までに6人看取って 4人の人の没後の整理をしました。

健康保険、年金、生命保険、簡保、損害保険、

光熱費の引き落とし変更、名義変更、

車、携帯電話、賃貸契約、ローン契約、カードの解約、

インターネットでは パスワードが分からなくて

解約できないものに 苦労しました。

いちいち 亡くなった事を証明する書類がいります。

個人情報規制が 手順を阻みます。

叔母からも 申し送られています。

でもね、 そんな準備は しなくていいよと思うのです。

今までも 皆 何の準備もなく亡くなりました。

右往左往したけれど その処理をしている間は

泣いてる暇なかった。ちょうど 良かったのです。

自分が その人のことで役立っているのだと思うと

恩返しできる気になりました。

そして 何度も担当してると 慣れてきて

まかさんかい!となるのです。

人もうらやむ長寿と言われる私は この後

何人の整理をするのでしょう・・・・

ギネスに挑戦 なんてね。