知らない

息子がクリーニングを出して

住所を書いたら、部屋番号が抜け落ちていたらしい。

教えてくださいと、電話があったが、

よく考えたら、息子夫婦の住所、私も知らない。

「知りませんねん。」と 返事して

本人に電話かけさせることにしたけど

そういえば、聞いていない。

場所は知っているけど、

マンションの名前も知らない。

親も親なら 息子も息子で、嫁も嫁だ。

似た者同士で 適当で、だいたいで、おおよそだ。

ネパールの事

ネパールは昔から世界でも もっともGNPの低い国です。

家は煉瓦状の石を積み上げてつくります。

基礎とか 鉄筋とかが入ってるわけでなく積み上げる。

15年前に行った時見た 観光地のお寺などが

この地震で 見事なほどに壊れていました。

ネパールは 立ち直れるのでしょうか!

元々、裕福ではない国なので、

仕事に就けず貧しい人はたくさんいます。

走っている車は、25年落ちのカローラだったりします。

野良犬の群れが夜の繁華街に走ります。

野良の牛が町中にのろのろとしています。

100円ライター、石鹸、メモ用紙、トイレットペーパー

鉛筆、ボールペンを欲しがられました。

皆、純朴で素直で、精一杯いきています。

この地震で 貧しい人たちは、貧しいの二乗になります。

日本が復興するのとは 出発点の貧しさが違います。

日本から見たら、何もない国なんです。

裕福な日本でぼちぼちの暮らしをしているなら、

是非 ネパールに支援をお願いします。

 

 

 

 

昭和の日

平成になって、早くも27年、

会社には 平成元年生まれのスタッフがいます。

社内でホープのエースのといわれるほどの

最強のスタッフです。

かたや、昭和の残党の私は平成の威力に完敗の感。

同じパソコンで同じ作業をしても、

速さも、正確さも、パソコンの使い方を熟知した

若手には敵うことは何一つありません。

若い時、同居の年寄の効率の悪さに、苦笑していましたが

今や、私が苦笑の対象です。

寛容な彼らが それでも 年長として丁寧に気長に

対してくれている事に、感心しさらに感謝します。

仕事をさせてもらっている事にも、感謝します。

昭和の日の今日、

昭和が終わって30年近くがたったのだと、

感慨深いです。

歯医者の事

歯医者に行って、治療して、

次の予約に 行き忘れ

予約を取り直したら、2週間後になって

また忘れ、予約取りにくくなってしまって

2週間たって、

あれから、1か月過ぎて

ああ、どうしよう。

来週は、必ず 電話します。

そしたら、ゴールデンウイークもあるし

かなり 先になる。

もう絶対 忘れたりできない!

プレッシャーです。

不思議なこと

帰ろうとしたら 自転車の鍵がありません。

カバンの中を全部出して、順に 中まで確かめて

ポケットも見ましたよ。

ついでに 財布の中まで。

それでもない。

体中調べましたよ。何度も。

それでもない。

また、カバンの物を出して、カバンの中を、手で撫でて調べましたよ。

それでもない。そうこうしているうちに 疲れてくるわけで、

もう、今日はこれくらいにしておこう、と

歩いて帰りました。

ドアの前で 家の鍵を出そうと カバンのポケットに手を入れると

自転車の鍵が 指にかかりました。妙にすんなり。

どこから わいてきたのだ?

 

聞く技術

話しを聞く技術。そんな本が出てきた。

お年寄りの長い話。繰り返される話。

聞き流す。

時々おうむ返しに、返事をする。

目を見て聞く。

解決策を与えようとしない。

そもそも、解決してほしいわけではなく

聞いてほしいだけだから。

けれど、これをやると、2時間も、3時間も続くので、

切り上げる技術が知りたい。

老化にあらがう

老化しています。

顔は 小じわが、手の甲には血管が、指には皺が、

首には筋が立ち、爪には縦じわが。

白髪になり、薄毛になり、

目は視力が。耳は聴力が、テレビの音はだんだん大きくなり、

横文字のスペルを 微妙に間違い、

文字の変換のミスに気付かず、

同じことを、同じ人に何度も話し、

肝心な人に 言い忘れ、

忘れるからメモすると、メモを忘れ、

大切なものを、大切に仕舞って、しまったところを忘れ、

4世代同居で見てきた おばあちゃんたちと

同じところを歩んでいる訳です。

60代が勝負です。ここからが 正念場です。